私が真剣に悩んでいる肌荒れの話

biyou

私は手の指とひらの荒れがとてもひどく、ゴム手袋は必需品です。食器を洗う時はもちろん、お米を
研ぐときも使い捨て手袋が必要です。

1年前まではこんなこともなく、素手のまますべての作業が出来ていました。それが、突然、昨年の夏から
指が荒れ始め、それがひらの方まで広がってしまいました。皮がボロボロになってしまい、それに加えて
指の関節の部分が切れてしまい、どうしてこんなことになってしまったのかと途方にくれました。

ゴム手袋や使い捨て手袋を使うことで少しずつ改善されてきましたが、夜にたっぷりとハンドクリームを
塗りこむことも続けています。良くなったと思って油断をして素手で作業をするとまた、ボロボロになって
しまいます。1年間に洗剤を変えたとか、スポンジを変えたとかもないので、向き合って悪化しないように
していくしかないのかなと思っています。

最近は寒くなってきて、ハンドクリーム単品では物足りなくなってきたので、夜のハンドクリームタイムに
ホホバオイルを一滴、垂らしてハンドクリームに混ぜてマッサージをしています。思いのほか、これが
肌に合っていたし、自分でもなんとなくリラックスできる時間となっているので、ハンドクリームだけでは
なんとなく物足りない方は試してみてください。好きなアロマオイルを混ぜてのハンドマッサージもさらに
効果的かもしれません。

D.U.Oザクレンジングバームの口コミはこちらにまとめました

暑いのでつい買ってしまうもの。

207668
日に日に暑くなってきています。なのでつい手が伸びてしまうものってありますよね。そう、冷たいものです。

 

ただしアイスクリームのように甘ったるいものではなくあっさりしたものが好まれます。最近のお気に入りは冷凍ケースにおいてある凍らせたペットボトルのお茶です。

スポーツドリンクなども置いていますが私はお茶の方が好きです。

 

何故って、小学校の頃にスポーツドリンクを凍らせて溶けてきた頃に飲もうとしたら最初は味が濃くて最後の方は水だった経験があるからです。お茶なら分離しないので最後までお茶です。

今はいろいろな技術が進んでいますから分離する事はないのかもしれませんが一度経験した苦い思い出は簡単には拭えません。

今も凍ったペットボトルが横にあります。で、このペットは時間がたつと水滴が凄くなってくるので周りにハンドタオルを巻いて水滴が落ちるのを防止しているのですが、このタオルもよく冷えてくれるので汗を掻いた時にタオルで拭くと汗がスッと引いていくから一度で二度美味しい展開になります。

 

昼間買って夜まで凍っているので長持ちしますしちょっと喉を湿らせて飲んでいくにはいい配分で飲めるので重宝しています。

コンビニのは少しお高めですがスーパーまで行けば安く売っているので日中の買い物の時に一緒に買って家でのんびりしながら飲むのが毎日の楽しみになっています。

そこまで暑くない時は冷蔵庫ので十分ですが凍ったものが溶け始めてきた時の冷たさは格別です。なのでやめられません。

 

町の変化についていけない

170960
「あそこの通りの横のあの角の空き地、結局駐車場になったね」

「あぁ、コンビニになればよかったのに。その方が使えていいよね」

「コンビニこの辺減ったからね」

「で、駐車場の前って、あそこ何があったんだっけ?」

「え?」

という会話が家族で何度となくくりかえされています。
新しい建物ができるたび、お店がなくなるたび「前なんだったっけ?」

でも、その会話のほとんどが
「忘れちゃったね」
で終わるのです。

歳をとったなぁ、とも思うし、お店とか見てるようで意外と覚えてないもんだなぁと思ったりします。
ここに住みはじめてから町の様子はずいぶんと変わってしまっていて、当時あったお店はほとんど寂れてしまっています。

それでも残っているのだから、みんなに愛されて続けているのだろうと思える店もあるのですが、ここ昔からやってるんだか、やってないんだかわからなうよね?という不思議なとこもあります。
普段電車で通勤している私は、自宅の周りの事情に特に疎く「え?いつ?」と思うことも多いのです。そのたびに、たまには家の周りの探索をしてみようかなという気にさせられます。まだできてないけどね。だって、まだまだ町は変化していきますから。 まぁ、そのうちということで。

めなりの口コミ情報

ストレス解消によるアンチエイジング方法

ストレス対策は、アンチエイジングの方法として効果があります。ストレス社会とも最近は言われており、案外少なくないのがストレスを抱えて生活をしている方たちです。有効なアンチエイジング方法だといえるのが、ストレスとうまくつき合っていくことなのです。

147737

ストレス対策は、ストレスを解消する方法と、ストレスへの耐性をつける方法とがあります。同じ体験でもストレスになったりならなかったりするのは、本人がストレスに感じるかどうかで決まります。ものの見方を変えたり、受けとめ方を変えることがストレス低減につながり、アンチエイジングになるという方法もあります。人によってストレス解消方法は異なります。自分の好きな趣味に没頭したり、運動で気分転換したり、入浴や睡眠でリラックスできる人もけっこう多いといいます。

 

アンチエイジングに役立てるためにも、自分に合ったストレスの発散方法を探しましょう。楽しい気持ちが意識して笑顔をつくること盛り上がるので、効果的にストレスを減少させることができます。笑顔は大頬骨筋という表情筋を動かしますが、この筋肉が動くと脳内の快感物質が促進する効果があります。ますますアンチエイジング効果を得ることができるのです。笑顔はお金も道具も使わずにできる優れたアンチエイジング方法であるといえるでしょう。

ニキビ跡

体重推移の管理

日々の生活内容や食べるものによってどんな風に体重が増減するかを知ることが、体重管理の基礎です。人間の体重は常に一定ではなく、その時々の状況に応じてわずかながら変わっていくものなので、その変化に振り回されないことです。わずかな変動で気持ちが上がったり下がったりしてもいいことはありません。

115794

1週間の平均で体重を観測するといいでしょう。毎日の体重の変化ではなく1週間ごとの平均を記録するので、大まかな動きをつかむことができます。その時その時の体重が今現在の体重だと考えると、ダイエットの結果は期待するものが出ません。1週間の平均で体重管理をしていくと、ゆるやかに下がっていく様子が分かるといいます。毎日のちょっとした変化に敏感になることより、長いスパンで物を見ることが、体重管理には必要です。

 

毎日体重をきちんと測ることは、体重管理では欠かせません。毎日決まった時間に、体重を計測しましょう。体重計は日常生活の中で視界に入りやすいところに置き、思い立ったらすぐに体重を計測できるようにしておきましょう。目に見えないところに体重計を置いておくと面倒になってしまうからです。

簡単に体重を計測できるようなところに体重計を設置しておくことで、体重管理もやりやすくなるでしょう。体重を測る時間はできるだけ毎日同じタイミングにしましょう。体重管理のためには自分の決めたルールを毎日守って測定することが大切です。

オイリー肌用洗顔料

はじめての離乳食 。親の苦労、子知らず

cry

赤ちゃんが生まれてから5ヶ月。

育児本を読むとそろそろ離乳食を始める時期と書いてある。

1人目の子育て。初めての離乳食。よし!はじめるぞ!っと、赤ちゃんグッズ専門店で、離乳食調理セットを購入。離乳食調理セットとは、食材を細かくすり潰す器具や食べやすい固さに柔らかくできる器などがいくつかセットになったもの。
まずはお粥から。お粥をちょっとだけ作るって難しい。こんなとき楽ちん調理器具を使えば、ご飯にお水を入れて、電子レンジでチン!で、できるとのこと。よしよし、と指示通りにセット。で、蓋を開けてみると… あれー?水の量が少なかったのかレンジ時間がながかったのか、水が蒸発してカピカピに…
もうすぐ赤ちゃんが起きてしまうではないかー!!

気を取り直して、もう一回。ふー。なんとか、今回はうまくいったぞ。

タイミングよく目覚めた我が子。お腹すいたーって泣いている!お腹すいているなら、離乳食もよく食べてくれるはず。
ご飯だよー。おいしいよー、と気分を盛り上げながら、口に運ぶと、お!口をあけた?? 食べてくれたー!

と思った途端。べぇー。
わーん。お腹すいたー。えーん。と収拾つかなくなり、結果、ぺろっとおっぱいをあげる。ごくごくごく。あーおいしい。お腹いっぱい… 離乳食はお預けです。

この後も、おいしいと食べてくれた離乳食は果たしてあったのだろうか。親の苦労、子知らず。頑張って作ったからってお口にあうわけではなく。気づけば離乳食卒業時期に。

そうそう。そんなもんです。

ベルタ葉酸サプリの口コミならこちら

地下鉄で

大阪に住んでいた時の話。
仕事終わりに疲れて帰っていた時の話です。
ある駅で障害を持った男性が乗ってきました。(言い方が悪いですが雰囲気がそんな感じでカードのようなものを首から下げていました。)
その男性が40代~50代くらいの女性の隣に空いていた席に座ろうとした時、その女性があからさまに嫌そうに遠くの席に移動したんです。

417047
私はそれがとても許せませんでした。男性が何をしたというのでしょうか?
あまりにも理不尽すぎる気がします。
五体満足に生まれてきたこと自体が奇跡に近いというのに避ける理由がわかりません。
臭いわけでも汚いわけでもない、私たちと同じ見た目の男性をなぜ避けるのでしょうか?
むしろその女性に助け合い精神は微塵もないのかと思いました。
少なくとも、私の故郷の札幌では助け合いはしなくても避けているところを見たことがなかったので、
「大阪の人ってこんなんなの??」と思ってしまいました。
みんながみんなそうではないのだろし、きっと札幌にもそういう人はいるのだろうと思いましたが、とても衝撃的でショックで憤りを覚えました。

 

フール―

乾燥が原因で吹き出物

100308

20代の頃から乾燥肌でしたが、保湿さえしておけば特に肌のトラブルもなく過ごせていました。

 

ところが、30代後半になって急にあごや頬、口周りに吹き出物が出るようになりました。
一つ消えたら違う場所に出来る、それが治ったらまた同じ場所に繰り返しできるので、厄介なものでした。
それに、ファンデーションで隠していたので余計に肌にとっては悪循環だったと思います。

 

ニキビは油分が過剰だというイメージがあったので皮脂を取り除くため洗顔を強くするようになっていました。
でも、色々と調べていくうちに大人ニキビというのはホルモンバランスが崩れやすくできやすい、また乾燥が原因だということも知りました。
30代後半になると皮脂量が減り、若いころと比べてターンオーバーも乱れてきます。
そのうえ洗顔でゴシゴシとこすってしまうと吹き出物が出るようなのです。

 

そこで、洗顔方法を変えることとし洗浄成分が入っていない洗顔料を使うことにしました。
すると、使い始めて3か月経ちましたが完全ではないですが吹き出物が減ってきています。
また、保湿をしっかりと心がけることでも効果があると思います。

 

今私が使っているスキンケアは敏感肌専用に作られたサエルをお試ししてからこのシリーズに変えました。
ちょっとお高めですが、化粧品が原因の肌トラブルにならないのでとっても重宝しています。

 

まさかニキビが乾燥が原因だとは気づかなかったので意外な結果でした。

睡眠導入剤に頼らない生活

147737

5年ほど前から私は仕事のストレスや私生活の乱れにより、あまり眠れずに慢性的な睡眠不足の状態となっていました。
十分な睡眠がとれない状態というのは、やはり身体や心に負担を与えるものです。
思考は鈍り、身体は重く不調な状態が続きました。
あまりに眠れないものだから、当時の私は病院に行き、睡眠導入剤を処方してもらっておりました。
ですが、依存性もけして低くはないので、それをずっと飲み続けたくない私は、快適な睡眠のために別の方法を模索いたしました。
そのおかげで、現在は睡眠導入剤に頼ることなく快適に睡眠をとれております。
快適な睡眠のために実践し有効だった以下のことを、私は他の人にも推奨させていただきます。
まずひとつが、自分に合った寝具を使用する、ということです。
これは人それぞれの好みもありますし、あえて寝づらいものを使用するとは思いませんので、説明は割愛させていただきます。
もうひとつが、寝る前は必ず楽しいことや今後楽しむ予定の事を考えることです。
眠る前の心の状態は非常に大事だと思いますので、極力無理やりにでもポジティブに物事を考えるようにしています。
そしてもうひとつが、私は寝る前にほんの少々軽いおやつ(クラッカーやクッキーを1枚程度)を食べ、温かくて甘いもの(ホットミルクやココア等)を飲みます。
当然、その後のはみがきも怠らないです。
けして太らない程度に寝る前に、少しだけ甘いものを摂取すると、満たされる分、当然心身共に幸福度が上がります。
様々なストレスが人それぞれあるとは思いますが、寝る前に幸福度を上げるというのは、快適な睡眠のためにぜひ試していただきたいと思います。
ファンケル快眠サポート

ダブルでイラツとした日

115794

毎日、会社には車通勤しています。
その日は大雨で平日休みの私は普段はチャリで通勤している娘を会社まで車で送っていく事にしました。
家の前の狭い路地を出ると今度は朝7:00~9:00迄は車両進入禁止の通学路となっています。
本線道路からの進入車でない居住地域の方はその通学路を走っていて、我が家もその1台となります。
通学路に入るために左折するにもその道路の道幅もかなり狭いために、対向車がきたら簡単にはすれ違えません。
我が家の車はヴォクシーでそれなりに大きいので狭い道路を左折するにも大回りでの左折となってしまいますが、朝の7:50分ですので、当然車の進入はない筈です。
左折して50m先には本線道路があるのですが、たまに県警が一斉の取り締まりをしている時はありますが、以前は結構、頻繁に行っていたのですが、最近は2~3ケ月に1度位のものです。
それをわかっているのかどうかは知りませんが、娘を乗せた車を通学路に出るために大回りして左折すると、来てはならない対向車が入ってきました。
大回りして曲がっているので、当然対向車側にはみ出してしまっていて、違反者の車はそこで待つかたちとなったのですが、睨みつけられました。
イラッときましたが、娘に一言、「ずうずうしい人ね」とつぶやいたら、娘いわく「あの車はいつも進入禁止でも入ってきてるよ」との言葉にまたまたイラつきました。